人として K  [○AY TO CUM 編]




雷電七つの謎のひとつに数えられているFIRC-004 ”Bad Twins / I Against I (Black Santa Claus Come From Yokohama)”に収録された「○ay to cum」この丸の中に何が入るのか、そしてビー音で消された部分の歌詞は・・・

え~何から書いていいのか判らないんで、昨年10月に有った事をそのまま報告させて頂きます。

ケンゴ脱退問題の揺れも収まりつつ有った2004年10月19日、雷電四人は珍しく練習の為にスタジオ「月桃荘」に集まっていました。[2004/10/20日記参照]

練習後 待ち合いスペースでの会話

「マサアキ君こんどのオッパーラで「Pay to cum」演れるんじゃないっスか?」タケヒサが聞いて来た「お~今日の感じなら演っちゃってもOKだべ、なぁキヨシ?」

「行けるんじゃないっすか?」軽快な返事にタケヒサが「おっ、キヨシなんか調子いいじゃん、なんか良い事でもあった?」「いや~実は、俺・・彼女が出来たんすよ」

一同「え~~~!!!!!!!!!」スタジオ内の人間が全てこちらを振り返る程の絶叫がこだました、TKCは少し悔しそうに見えた。

「どうしたんだ?」私とタケヒサはほぼ同時にシャウトした、「いや、今の職場の同僚でなんかそんな感じになっちゃったんスヨ、あ、写真見ます」おもむろに携帯を取り出し「人に見せたら、なんか皆男みたいって言うんスヨね」と言いながらこちらに携帯を見せるKYC。

覗き込んだ私達は目が点になっていた、そこにはかなり太ったショートカットの人物が写っていた、どうお世辞にもかわいいとは言いがたい感じだ、TKCは少しうれしそうに見えた。

タケヒサが口火を切った「でも、そういえばキヨシって前からポッチャリした子好きだよね?」「やっぱ、そうかな?」「そうだよ!そういう意味じゃこの子はキヨシのストライクゾーンじゃん、ヒュ~ッ」私も思わず「そうか、良かったなキー坊!」「はい、ありがとうございます、今度のオッパーラ連れて行きますよ!」「お~、紹介しろ、紹介しろ」「はい!」和やかなムードで話は進む「って言うか、言葉は悪いけど、捨てる神有りゃ拾う神有りって言うか、俺は絶対無理だけど、キヨシみたいな趣味の奴がこうゆう太った子と付合って、世の中バランスが取れてるっていうか・・」言いたい事は判るがタケヒサはよく訳が分かんなくなる、TKCはやはり少し不満そうに見えた。

そんな話で盛り上がり、その日は解散した。

そして、衝撃の2004年10月23日を迎えた。

当日いつも通り会場入りが遅れ気味の私にKYCから電話が入る、「又、遅刻っすか?」「お~、悪い悪い、タケシの馬鹿がよ~迎えに来んのが遅くてよ~、ところで来てんのか?」「相方ですか?もうすぐこっちに着くと思いますよ」「お~そうか、じゃあ急いで向うからよ」「早くして下さいよ!」「判った、判った!」

少々遅れてOPPA-LAに着いた私とTKCをKYCが待ち構えていた、「も~遅いっすよ!」「スマン!スマン!そんな事より、ほら早く運ぼうぜ!」車から機材を降ろす、TKCがちょこまかそれを運んでいる、するとKYCが「マサアキ君、これ俺の群馬の友達の・・・」「コージです!」ずんぐりとした若い男がスットンキョウな声を出して右手を差し出して来た、「お~ヨロシク!」サクッと握手を交わし、私はエレベーターに乗り込んだ。

OPPA-LA迄上がるそのエレベーターの中でふと、私は考えた「さっきの奴、男の癖に妙に柔らかい手をしてたな~」

パアァァ~ン!

私が有る仮説にたどり着いた瞬間だった、エレベーターの扉が開く也脱兎のごとく飛び出してタケヒサを捜す!捜す!

「どこ行きやがった、あん畜生!」、今度はエレベーターに飛び乗ると閉じる連打で一階に向う「タケヒサ~」「何すか?」大声で叫ぶ私のスグ後で返事が聞こえた。

「そんな所にいやがったのか、捜したぞ!チョットこっち来い!」「どうしたんスか?なんかあったんスか?」「いいから来い!」私達は少しOPPA-LAから離れた。

「お前キヨシのツレ見たか?」「あ~なんか群馬の子っスヨね」「あいつのツレってアノ男だけか?女はどうした?」「あいつ又嘘ついてんスよ、連れて来てないんスよね」「ウアァァァ~!!」

私の中で仮説が確信に変わった瞬間であった。

「何スか?どうしたんスか?」「イイかよく聞け、落ち着いて聞けよ、俺は此処に来る直前に電話でキヨシと話して彼女が来る事を確認している、あの感じ(声、態度)には嘘は無かった、だから来ている筈だ」「でもいないっスよ」「こないだの練習の時、彼女は何所の子だって言ってた?」「え~、たしか群馬の~、ン、群馬?エェ~ッ!!」「いや、そう云う事だべ」「え、いや、でも、マジ?そういえば携帯写真、男みたい?エェェ~!ウアァァ~!!」「ダ~ッハハハハハッハッ!あの写真の人物だべ!」私は驚きを飛び越えて大笑いしてしまいました、タケヒサも「男みたいじゃなくて男じゃんかよ~?!」と叫びながらつられて大笑いです。[2004/10/26日記写真参照]

そこから、FIRC-004に収録したKYCの昔のバンドの曲「Junk」が「Comin’out」になり、その日演奏予定の「Pay to cum」が「Gay to cum」に成る迄そう時間は掛かりませんでした。その日のライヴの事は[2004/10/24日記]を見て下さい。

もうダメ疲れた、続く!

photo:Mister Bad Guy of Japan (Fat only)


人として K  [○AY TO CUM 編]」への7件のフィードバック

  1. 前からそうだとは知っていたけど

    やっとカミング アウトしましたか。

    これで雷電のカラーもますます濃くなって行きますね。

    雷電を見に来る、Gay人口も増えるし、

    Gayパーティーとかにも呼ばれるかも。

    忙しくなりそうですね(笑)。

  2. ついにカミングアウトか!!

    一緒にツアー先で紹介された時はビビッたぜ!!

    でもKYCもコージも幸せそうだからイイネ!!

  3. お疲れ様です江ノ島OPPA-LA和田です、OPPA-LAって沢山書いてあったので嬉しくて書きました!ありがとうございます!この噂USDが川崎にあった時に聞いた事あります、だいぶ前の話ですが…..またOPPA-LAでLIVEやってください!

  4. 久々の大量コメントうれしいです!

    >ヒゲリュウ

    いつ頃から知ってた? 言ってよ!(笑

    いつか、KYC親衛隊(太った子オンリー)が出来たらイイな(本当に?)と思います。

    >ケンゴ

    富士の時だな! いや、その後別れた別れないだの色々有ったんだが(笑、その話は又別の機会に!

    >でぇぇえや!

    全開マジです! 極悪ですから(笑。

    >和田君

    だいぶって、どれ位前よ! どれ位の人間がその話を聞いた事が有ったんだろう? 又、ィヨロシクね!

  5. どうもこんにちは!!森ブラザーズコミュから見にきてしまいました。10年ほど前から出会って速攻「太った男が好き」だと皆から聞いてましたが、60%位ネタだと思ってましたよ~連れてる男子は常に「太めで男臭いけどおとなしめ」な印象です。

    日記すごい面白いのでまた読ませて頂きます。では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です