【KYC】BI TO CUM !【顛末記】


月曜の朝、

週末のダブルヘッダーの充実感&心地よい疲れにUPPERな気分で事務所の椅子に腰を下ろすと・・・おや?携帯にメールが届いています・・・

見慣れぬ発信先に「また、迷惑メールか・・・? 厭! なんだこのタイトルは!!!!!」

先ほど迄のィイイ気分などふっとびました!

[(件)キヨシ君の彼女です]

「な、何なんだ?コレは・・・」

添付されていた画像を開くと・・・

KYCと女が写っています・・・

トラブルの予感がビンビンに伝わってきます・・・

フゥーーーーッ・・・

深いため息をついてからTKCに電話しました。

「おい! KYCどうなってんだ?」

「KYCは「黙っておけ」と言ってたんだけど。正明君には言っておかなきゃいけないと思って、彼女に正明君のアドレスを教えて写真送らせました。ウフ。」

「なんで、お前楽しそうなんだ?」

「そんな事無いっすよ、ウフ。」

「・・・取り敢えずその女は何者だ?」

「前から知ってる子で○○○の○○ってバンドのスタッフやってる○○ちゃんって子です」

「そいつはウチのBLOGとか見た事有るのか?っていうかKYCの事知ってんのか?」

「多分、知ってると思います、ウフ。」

「・・・どういうつもりで、何が狙いだ?」

「い、いや、それは僕にも解らないです、ウフ。」

「・・・」

思い切ってKYCに電話してみました。

「おい、どうなってんだよ!?」

「い、いや、なんか「向こうから付合おっか?」って言われて・・・」

「・・・お前、男でも女でもどっちでも良いのか?」

「もう、なんだっていいです! コレからはまじめにやらないと!」

「・・・・・」

せっかくのィイイ気分が台無しです。

これから起るだろうトラブルにうんざりした気持ちで電話を切りました。

そして、それに備えるべく情報収集です・・・

・・・土曜日

「遅せえぞ!」

「スミマセン! あっ、あの仕事が・・・」

「うるせえ! さっさと車出せ! サタデーナイトパトロール(SNP)だ!」

私とTKCは天王町に在るBar「OrangeCounty」で ”やさぐれ” が演っているとの情報をキャッチし、そこへ向かいました。

店に入り、しばらく仲間と談笑しているとTKCが慌てた様子で寄って来ました。

「——–」

「あー、何? (演奏中で)聞こえねぇヨ!」

「K、KYCが来ました!!!」と出入り口を指差しています。

見ると確かに、誘ってもいないのにKYCが居ます。

爆笑しているとコチラに気づき近寄ってきます。

「——–」

「何? 聞こえない!」

TKCと同じ展開の後、KYCは黙って手を差し出してきました。

コチラも手を出すと私に何かを手渡し向こうへ戻って行きました。

「何だコレ?」

渡されたもの・・・それは・・・

使い込まれて黒光りする二つのクルミでした。

「・・・TKCとKYC?」

全く意味が判りません。

photo:件の胡桃


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です