【発狂TKC】雷電レコーディング【傍若無人】


Rydeen on recordings
お疲れさまです!
昨日はRYDEENでRecordingして参りました。
3月に行うSHORT TOURの為の音源だったんですが、何せツアー迄時間が有りませんし、中々この時期皆の予定を合わすのも難儀なんで、当日一撃でMIX手前の段階迄、一気に録りきらねば成らず
プレッシャーは有ったのですが… そこはそれ、我が雷電!
前日のリハでも「まぁ、何とか成るべ!」とギリギリ迄の宿題を抱えつつもリラックスした雰囲気で当日を迎えました。
Lyric writhing now!
当日正午…
「もしもし」
「あ、TKCですけど、スミマセン今日現場から直接スタジオ向かうんで,先に行ってて下さい」
「ん?お前昨日確認した時、現場は休み貰ってるって言ってたよな?」
「それが、午前中だけ出る羽目に成っちゃって…でも今もう昼で上がったんで大丈夫です」
「そうか…じゃぁしかたねぇ、俺が運転してKYCとムネと車で向かうわ。早めに来いよ!」
「いや、早く付き過ぎちゃうかな?ウフッ」
「・・・」

我々は、今回エンジニアをやってくれるANARCHY CONDOMSのエビちゃん指定の川崎のスタジオに時間通り15時に到着しました。
「あれ?アイツ居ませんよ…?嫌な予感がする…」KYCがつぶやきました…
「電話してみろ!」
「・・・出ません…」
「まぁ、セッティングも時間掛かるし、そのうち来んだろ」
TKCの起すトラブルに敏感なKYCは落ち着きなく携帯を弄っていましたが、私とムネは歌詞のツメでそれどころじゃない感じ、エビちゃんもイソイソとセッティングに動き回っています。
KYC is good vibe!
「あれ?TKC君からメールが入ってる…」16時ごろムネがつぶやきました
「なんか18時頃に着くって来てるんですけど…」
怒りと呆れが入り交じった顔で私を振り返るKYC
「まぁ、待とう! 何しろ今日しかないんだから…」
KYCをなだめ、TKCが着き次第、録りを始められる様にセッティングを詰めて待ちました…

20時前…
「ハァハァ…スミマセン遅くなりました…」
「お前ふざけんなよ!」
「まぁ、KYC落ち着け!ココから一気に巻き返すぞ! バックトラック5曲1時間でやっつけるぞ!」
今迄も数々の困難な状況に打ち勝って来た雷電!
実際、今回も気合いで70分程でバックトラックを完了させました。
TKC befor chorus rec
KYCもすっかりクリーンに成って分別がつく様に成り、TKCの事で腐らずにノリノリで臨んだ結果、中々の仕上がりでしたが…
「うーん…コーラス入れの時間が少し足りなく成りそうだな…延長しようか…」
「そうですねぇ…」
真剣に検討する皆の背中から声がしました…

「俺達コーラスなんて入れなくってイイすよ!」
「!?」

皆に余り攻められずに調子に乗ったTKCがココであり得ない発言を!
「おい?誰の所為で時間が無く成って、皆が悩んでるんだ?」
「あースミマセン」
全く悪びれもせず、余りに調子に乗った発言を繰り返すTKCに、漸く私がブチ切れました。
久々に私の右拳がキレイに奴の左頬にHITしました。

・・・

以下、その後ヴォーカル唄入れの最中、寝こけ、私にケリ起されたTKCコーラス入れの模様をFADE-IN TVにアップ致しました。
ご覧下さい…

仕上がり迄、もう暫くお待ち下さい。


【発狂TKC】雷電レコーディング【傍若無人】」への1件のフィードバック

  1. いやあ、自分のできはイマイチでしたが、面白かったなあ。
    いっつもこんななの? RYDEEN笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です