【大阪】Top Of Mountain【報告】




Voracious Soul presents[Top Of Mountain]@なんばBEARS

BEARSでは前日に「GAUZE vs NIGHTMARE」が行われていました。

渋谷の帰り「前乗りして見に行こうぜ!」と言っていたんですが・・・

TKCの仕事やら、KYCの病院やら、奴等の到着を待っているうちズルズルと出発は延びて・・・結局、

朝4時に吹田のSAに着きました・・・。

仮眠してからアメリカ村に行ったんですが、ドコも店は閉まっています。

朝なので当然でしょう・・・。

仮眠してから日本橋に行ったんですが、オタクショップでTKCが興奮していました。

その後BEARSに向いました。

本日のメンツ”VORACIOUS SOUL” “HURRICANE” “響” は全BAND馴染みのBANDばかりです!

特にタケヒサとは”7to3″時代から何度も対バンしている連中なので

なにか気心しれた感じが、場に和やかな空気を作っていました。

実は、今回の企画”Voracious Soul”のDr.マッキーが先月頭に亡くなっていたのを聞いていました。

メンバーに会って詳しい話を聞かせて貰い、共にその早すぎる死を悼みました。

勿論、他のBANDのメンバーも事情は知っています。

それゆえの雰囲気だったのかもしれません・・・

更に、リハの後、予想もしなかった再会と別れがありました。

階段を上がって表に出ると

「マサアキ?!」っと声をかけてくる奴が居ました。

「俺だよ森脇!」

「おぉ~っ!森脇!どうして?!何で!?」

もう、かなり昔、15年以上経つでしょう・・・

私が”BASTARD”をやっていた頃

掛け持ちで“BADTIMINGS”というBANDをやっていたんですが

その頃、勢いが有った大阪のBEAT勢と良く対バンをしていました。

そんなの中で、私が一番気に成っていたBAND、

それが”CANDYS”でした。

突然現れたベース森脇との再会に上がる私!

しかし、直ぐに冷静にならざるをえませんでした。

「堀内、死んだんや・・・」

「なっ・・・」

「今年の1月にな、肝臓悪うして・・・」

そう言って、一枚のCDを差し出します。

「あいつ命削って歌っとったで・・・」

図らずも遺作と成ったそのアルバムは、去年の秋に病気と闘いながら録音されたモノだそうです。

今日という日の巡り会わせに何かを感じながら、さぁトリは雷電です。

1.Super Megatron

2.YO.RI.ME

3.Shoot Your Heart

4.地獄の三輪車

5.R16SS

6.おじいちゃんJamaican

7.森は泣いている

8.Wide

9.You Are Not Me

10.You Can Do It !

あの世の二人も笑ってくれたでしょうか?



BEARS恒例、打上前の高山(Nightmare/Framtid/Organism)との語らいの後、いざ王将へ!



これでもか!って位、餃子を食べましたw

みんな、また会おう!

PS.

堀内最後の作品、

盟友森脇とのBAND”ワービー&サービー”のアルバム「粋」を家に着いてから一人でゆっくり聞きました。

会って居なかった時間も「歌い続けていたんだな・・・」と感じさせる唄でした。

奴を知る方々、是非CD探してみて下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です